福山雅治が1歳上と最近気づいた悩めるアラフォー、本好きボウズの読感独白


by bouzujin

読書録13

20 『多読術』 松岡正剛

岡田准一 に こうなりたいオヤジ と言わしめた編集人(あえて肩書き作るなら)松岡正剛さんの
読書術。

しいて一言にまとめるなら、 本はどう読んだって いいんだよ。そんな肩肘張らず、かくあるべしという形もなく。 ということですかね。 但し、読書をする という事をここまで細かく、且つ多面的な視点で考えることができるのも、ものすごい読書量と試行錯誤しているからこそ。

読書の基本スタンス、わからないから読む。例えば図書館に行く、そういう場にいるという行為からして読書である。等々読書に関するいくつものいくつもの、『なるほど』

本当に読書が日常になってるんですね。時間の作り方はシンプル。極力寝ないようにすること だと。  
[PR]
by bouzujin | 2010-03-01 08:36 |